ゴーヤの苦味を和らげる!簡単下ごしらえと、おいしく食べるコツ

調理する

ゴーヤの苦味を和らげる!簡単下ごしらえと、おいしく食べるコツ

監修:

夏の風物詩ともいえるゴーヤ料理。独特の苦味はありますが、その苦味こそがゴーヤのおいしさでもあります。ただし、苦みの度合いで好き嫌いが分かれるため、中には苦手意識を持っている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、ゴーヤの苦味を和らげる下ごしらえのコツと、調理方法をご紹介します。

ゴーヤの苦味を和らげる下ごしらえのコツ

ゴーヤはその味から、別名「にがうり」とも呼ばれます。苦味のもとは「モモルデシン」という成分で、食欲増進の効果があります。食欲がないときには、とくにおすすめです。
そんなゴーヤの苦味は、下ごしらえ次第でかなり軽減されます。

ゴーヤの苦味が気にならなくなる料理とは

ゴーヤの苦味が気にならなくなる料理とは

下ごしらえで苦味を和らげたら、料理でも苦味が気にならなくなる調理法を取り入れましょう。

最後に

夏場の食欲がないときこそ食べたいゴーヤ。適度な苦味と歯ごたえの良さが食欲を刺激して、食事をおいしくしてくれるでしょう。苦味を和らげる「油でのコーティングや甘い味付け」は、子どもの苦手野菜の克服にも役立つテクニック(「ピーマン嫌い克服」の記事はこちら)。ぜひ活用してください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2019.09.19

文:齊藤カオリ
写真:小林友美(1~4枚目)、gettyimages(5枚目)
監修:カゴメ
参考文献:
・『[カラー版]世界食材事典』大和和子 (翻訳)・杉田浩一・村山篤子(柴田書店)
・『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
・『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園