[鍋に合う野菜]キャベツが新定番に!?人気急上昇の理由とは

調理する

[鍋に合う野菜]キャベツが新定番に!?人気急上昇の理由とは

監修:

煮込み料理の中でも人気の高い「鍋」。今回は、クックパッド株式会社が提供する、食の検索データ分析サービス「たべみる」の統計データ(※)から、鍋に合う“定番”の野菜を見てみましょう。

※2015年12月~2016年11月の、鍋との組み合わせ検索頻度ランキングより

どんな味付けにもなじむ淡色野菜が人気

どんな味付けにもなじむ淡色野菜が人気

データによると、季節を問わず、白菜、キャベツ、大根、もやしなど、クセがなく味のしみ込みやすい淡色野菜が人気のようです。ちなみに、メイン具材の人気は魚介よりも肉(豚肉、鶏肉、鶏団子など)が多く、味付けは「味噌」という結果に。

季節によって人気野菜に大きな違いはないものの、夏場にはレタスやトマトといった夏野菜を加えてさっぱりと、秋から冬にかけては大根や大根おろしをたっぷり入れて、だしのうまみがしみ込んだおいしさを楽しむなど、味わいを変えて季節感を演出しているようです。

新定番はキャベツ!人気の理由とは?

鍋の定番野菜といえば、白菜や長ネギを想像しがちですが、データによれば、キャベツが白菜と双璧をなすほど人気。春から秋にかけては白菜の検索数を上回っているのです。

新定番はキャベツ!人気の理由とは?

鍋に入れる野菜としてキャベツの人気が高まったのは、市販の鍋つゆの素の種類が増えたことが理由のひとつといえそうです。味噌、レモン、塩、豆乳、カレーなど、味のバリエーションが広がったことで、和風、洋風、エスニック風など、さまざまな味付けに合うのに加えて、通年で手に入りやすいキャベツが、白菜に代わって使われるようになったのかもしれません。また、キャベツはトマトやミートボールといった食材との相性も良く、洋風鍋に使いやすいのもポイントです。

だしのうまみをたっぷり味わう、キャベツが主役の鍋レシピを紹介します。

具材と味付けによって、無限の組み合わせを楽しめる鍋。新定番のキャベツを使って、今までとはひと味違う、新しい鍋料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2018.07.02

文:KWC
写真:Getty Images (1~3枚目)、小林友美(4、5枚目)
出典:
たべみるクックパッド株式会社が提供する、食の検索データ分析サービス。日本最大のレシピサービス「クックパッド」の検索・アクセスログデータを活用した、明日の食が見えるビッグデータサービス。食材・地域・季節・食シーン(誕生日や運動会など)といった様々な切り口で分析を行うことができる。

JAちばみどり(博多もつ鍋風キャベツ鍋レシピ)
http://www.ja-chibamidori.or.jp/recipe/110.html

JAあいち経済連「いいね!あいち産料理レシピ」(粗びき肉のロールキャベツ鍋レシピ)
レシピ監修:料理研究家伊藤華づ枝
http://www.ja-aichi.or.jp/aichi-recipe/recipe-2013/beef_rollcabbage-pot.html

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園