バーベキューの野菜の切り方&焼き方!子どもの野菜嫌い克服にも

調理する

バーベキューの野菜の切り方&焼き方!子どもの野菜嫌い克服にも

監修:

定番レジャーのひとつ、バーベキュー。家族や友人など、みんなでワイワイと楽しみながら野菜を切ったり、焼いたりして食べる経験は、子どもの苦手野菜の克服にも役立ちます。この記事では、野菜を焦がさず焼くための、下ごしらえや切り方、焼き方のコツを紹介します。

世の中のママたちの[子どもの野菜嫌い対策]はコチラ

野菜のおいしさをストレートに楽しむ

野菜のバーベキューは、そのおいしさをストレートに楽しむ調理法です。タマネギ、とうもろこし、ピーマン、パプリカ、ミニトマト、ズッキーニなど、季節ごとの旬の野菜を中心にチョイスするのが良いでしょう(この記事では夏野菜で紹介しています)。

旬と旬以外の時期での野菜の栄養価の違いはコチラ

季節ごとの旬の野菜をチョイス

野菜をおいしく焼くための下ごしらえ

野菜の切り方など準備について紹介します。

●野菜は厚く、大きめに切る

ふだん調理するときよりも、1.5~1.8倍程度を目安に、厚く大きめに切ります。そうすることで焦げにくくなります。

野菜は厚く大きめに切ると焦げにくくなる

●焼く前にオリーブオイルを塗っておく

水分を逃さず焦げにくくするために、オリーブオイルを野菜もしくは、網に塗っておきます。

焼く前に野菜か網にオリーブオイルを塗っておく

●野菜を焼き串でまとめる

タマネギをはじめバラバラになりやすい野菜は、焼き串に刺してまとめると焼きやすくなりますし、裏返すときも一気にできます。

野菜を焼き串に刺してまとめる

野菜のおいしい焼き方の基本

おいしさを引き出すための、火加減や焼き方について紹介します。

●中火以下でじっくり焼く

野菜は水分が多いので、高温で焼くと水分が蒸発して焦げやすくなります。中火以下で、水分を保ったままゆっくり焼きましょう。じっくりと火を通せば、焦がさずに、素材の持つ味わいも引き出せます。

炭の量で強火、中火、弱火の3段階に分ける

●野菜別のおいしい焼き方

<皮ごと焼く>
とうもろこしは、皮ごと焼いて蒸し焼きにすると、甘みが出ておいしくなります。皮なしの場合は、一度茹でてから焼きましょう。

とうもろこしは皮ごと焼いて蒸し焼きに

<丸ごと焼く>
ピーマンやパプリカは、半分に切り、種を取り除いて焼くことが多いですが、切らずに丸ごと焼くのもおすすめです。中が蒸し焼き状態になるので、種までおいしく食べることができます。

ピーマンやパプリカは丸ごと焼くと、種までおいしく食べられる

<蒸し焼きにする>
どんな野菜もアルミホイルで包んで蒸し焼きにすれば、崩れたり焼きすぎたりする失敗が少なくなります。バターやハーブなどを加えても、香りづけができます。

野菜はアルミホイルで包んで蒸し焼きにする

最後に

野菜をおいしく焼くコツを覚えて、家族や友人とバーベキューを楽しんでください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2019.10.16

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園