ブロッコリーの茎も大根の皮も使い切る!野菜の節約レシピ3選

調理する

ブロッコリーの茎も大根の皮も使い切る!野菜の節約レシピ3選

監修:

野菜の葉や茎、皮など捨ててしまいがちな部分も、ちょっとした工夫でおいしく食べられます。そこで、いつもは捨てている茎や皮などを使ったレシピを紹介します。

茎や軸、皮などを使った節約レシピ

ブロッコリーの茎、椎茸の軸、レタスのいちばん外側の葉、大根の皮を使った料理を紹介します。

●ブロッコリーと椎茸のきんぴら

ブロッコリーや椎茸を利用した際に、茎や軸を冷蔵保存しておくと便利です(椎茸の軸は冷凍保存もできます)。

ブロッコリーと椎茸のきんぴらのレシピ

材料(4人分)

  • ブロッコリーの茎:4~5房分(約100g)
  • 椎茸の軸:20~25本分(約100g)
  • サラダ油:小さじ2
  • 輪切り唐辛子:1/3本分
  • 白ごま:小さじ1/2
  • ごま油:小さじ1/2

[A]

  • だし汁:大さじ3
  • 酒:大さじ3
  • 砂糖:大さじ1
  • 醤油:大さじ1

作り方

  1. ブロッコリーの茎は皮をむき、千切りにする。
  2. 椎茸の軸は石づき(軸の先端部分)を取り除いてから、手で細かめに裂く。
  3. 鍋にサラダ油を入れて2を炒め、しんなりしてきたら1を加える。
  4. 3に輪切り唐辛子を加え、さらに炒める。
  5. Aを混ぜて4に加え、炒め煮にする。
  6. 煮汁がなくなってきたら火を止め、白ごまとごま油を加えて完成。

●レタスで煮込み肉団子 トマトスープ煮

硬さのあるレタスの外側の葉を煮込みます。

レタスで煮込み肉団子 トマトスープ煮のレシピ

材料(4人分)

  • レタスの外側の葉:4枚
  • 合いびき肉:300g
  • にんじん:適量
  • 椎茸:適量
  • パン粉:適量
  • ナツメグ:適量
  • 塩、こしょう:適量
  • 卵:1個
  • トマト缶(200g):1缶
  • コンソメスープの素:適量

作り方

  1. にんじんは皮をむかずにみじん切りにし、椎茸は石づきごと軸をみじん切りにする。
  2. ボウルに合いびき肉、1、パン粉、卵、ナツメグ、塩、こしょうを入れて混ぜ合わせ、よくこねる。
  3. レタスの外側の葉を軽く湯通しする。
  4. 2を4等分して丸め、3で包む。
  5. 鍋にトマト缶とコンソメスープの素、塩、こしょうを入れて煮立たせ、4を入れて弱火にし、30分ほど煮込めば完成。

●大根のガレット

大根の皮を電子レンジで加熱するとやわらかくなり、食べやすくなります。

大根のガレットのレシピ

材料(2人分)

  • 大根の皮:100g
  • ベーコン:20g
  • 溶けるチーズ:30g
  • 片栗粉:9g
  • カレー粉:1g
  • こしょう:少々
  • オリーブオイル:大さじ1/2

作り方

  1. 大根の皮を約5mm幅の千切りにし、電子レンジ(600w)で2分ほど加熱する。
  2. ベーコンは約5mm幅に切る。
  3. ボウルに1、2、溶けるチーズ、片栗粉、カレー粉、こしょうを入れて混ぜ合わせる。
  4. フライパンを熱し、オリーブオイルを入れてから3を入れて平らに広げる。
  5. 4をフライ返しで押しつけながら、きつね色になるまで両面を焼いて完成。

最後に

野菜の茎や皮を使った節約おかずをぜひ作ってみてください。

大根やかぶの葉っぱのおいしい食べ方はコチラ

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2019.12.04

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園