[椎茸の肉詰めレシピ]うまみがあふれる!和風と洋風アレンジ

調理する

[椎茸の肉詰めレシピ]うまみがあふれる!和風と洋風アレンジ

監修:

フレンチ、イタリアンなどさまざまなジャンルでシェフをつとめ、定番野菜を使った料理に定評のある料理家の山田英季さんに、和風と洋風の椎茸の肉詰めレシピを教えていただきました。

和風:椎茸の肉詰め おろし醤油

さっぱりとした大根おろしが椎茸と肉のうまみを引き立てます。

材料(2~3人分)

  • 椎茸:6枚
  • タマネギ:1/4個
  • 合いびき肉:150g

A

  • 塩:小さじ1/4
  • 黒こしょう:少々
  • 片栗粉:少々
  • サラダ油:大さじ1

<たれ>

  • 醤油:大さじ2
  • みりん:大さじ1と1/2
  • 大根おろし:適量
  • しそ(大葉):4枚
  • 白ごま:適量

作り方

  1. 椎茸の軸を切り落とし、軸をみじん切りする。タマネギもみじん切りする。
  2. ボウルに合いびき肉、1、Aを入れて粘り気が出るまで混ぜる。
  3. 椎茸のかさの内側に片栗粉をまぶし、2を詰める。
  4. フライパンにサラダ油をしき、3の両面に焼き色がつくように中火で焼く。
  5. 水(大さじ3)を加えて蓋をし、5分ほど弱火で蒸し焼きにする。
  6. みりんを深めの耐熱容器に入れて、電子レンジ600Wで40秒加熱し、醤油を加えてたれを作る。
  7. 器に、5を盛り、大根おろし、しそ、白ごまを添えて、たれをかければできあがり。
椎茸の肉詰め おろし醤油のレシピ

洋風:椎茸の肉詰め トマトクリームチーズ

クリームチーズのコクとトマトの酸味が、椎茸と肉のうまみによく合います。

材料(2~3人分)

  • 椎茸:6枚
  • タマネギ:1/4個
  • 合いびき肉:150g

A

  • 塩:小さじ1/4
  • 黒こしょう:少々
  • 片栗粉:少々
  • サラダ油:大さじ1
  • プチトマト:6個
  • クリームチーズ:適量
  • 塩:お好み

作り方

  1. 椎茸の軸を切り落とし、軸はみじん切りする。タマネギもみじん切りにする。
  2. ボウルに合いびき肉、1、Aを入れて粘り気が出るまでしっかりと混ぜる。
  3. 椎茸のかさの内側に片栗粉をまぶし、2を詰める。
  4. フライパンにサラダ油をしき、3の両面に焼き色がつくように中火で焼く。
  5. 4に半分に切ったプチトマトと水(大さじ3)を加えて蓋をし、5分蒸し焼きにする。
  6. 器に、椎茸の肉詰めを盛りつけ、プチトマト、クリームチーズの順にのせる。お好みで塩をふって完成。
椎茸の肉詰め トマトクリームチーズのレシピ

最後に

タイプの異なる、2種類の椎茸の肉詰めを楽しんでください。

山田英季

山田英季/Hidesue Yamada

料理家

1982年生まれ。フレンチ、イタリアンレストランでのシェフを経て、人気のもつ焼き屋「でん」をオープン。2015年に(株)and recipeを立ち上げ、「ごはんと旅は人をつなぐ。」をテーマにしたサイトの運営をおこなう。料理家としては、韓国、台湾、ロンドン、パリなど世界中に活躍の場を広げている。著書に『かけ焼きおかず かけて焼くだけ!至極カンタン!アツアツ「オーブン旨レシピ」』(グラフィック社)、『常備菜、お手軽おかずをのせるだけ!簡単!3色べんとう』(エイ出版社)など多数。
ホームページInstagram

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2019.11.06

文・写真:山田英季
監修:山田英季、カゴメ

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園