[お雑煮の定番レシピ]すまし汁の関東と白味噌の関西

調理する

[お雑煮の定番レシピ]すまし汁の関東と白味噌の関西

監修:

全国各地に伝わるお雑煮の中から、関東エリアで主流のすまし汁のお雑煮と関西エリアで主流の白味噌のお雑煮のレシピを紹介します。

東西で違うお雑煮の代表レシピ

関東エリアの基本は、焼いた角餅をすまし汁に入れたタイプ。関西エリアの基本は、丸餅を煮て白味噌で仕上げたタイプのお雑煮です。

●関東エリア/東京風雑煮

だし汁の味わいと小松菜の鮮やかな緑色が特徴です。

東京風雑煮のレシピ

材料(5人分)

  • 角餅:10個
  • 鶏もも肉:150g
  • 椎茸:100g
  • 小松菜:100g
  • 日本酒:少々
  • だし汁:1000ml
  • 醤油:大さじ4

作り方

  1. 鶏もも肉はひと口大に切り、日本酒をふりかけておく。
  2. 椎茸は軸を切り落とす。
  3. 小松菜は茹でて、食べやすい長さに切り分ける。
  4. 鍋にだし汁、1、2を入れ煮て、醤油で味を調える。
  5. 餅はトースターなどで焼き目をつけてから、さっと湯に通す。
  6. 5をお椀に移し、3と4の具材を盛り付け、汁を注いだら完成。

●関西エリア/京風雑煮

京野菜を使った白味噌のお雑煮。

京風雑煮のレシピ

材料(4人分)

  • えび芋:大4個
  • 聖護院大根:少々
  • 金時にんじん:少々
  • 白味噌:120g
  • 丸餅:4個
  • 花かつお:少々
  • だし汁:600ml

作り方

  1. えび芋の皮をむき、茹でる。
  2. 金時にんじん、聖護院大根は薄切りにして約2~3分茹でる。
  3. だし汁を煮立てて、1、2と餅を入れる。
  4. えび芋と餅が充分やわらかくなったら、白味噌を溶かし、ひと煮立ちさせて火を止める。
  5. 椀に盛り、花かつおをのせたら完成。

最後に

東西で特徴の異なるお雑煮を、ぜひ食べ比べてみてください。

日本各地でこんなに違う、ご当地お雑煮はコチラ

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2020.01.08

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
出典:
農林水産省「aff」2011年11月号 食材まるかじり(お雑煮)
JA会津よつば ばあばの知恵袋 お雑煮編(東京風雑煮)
公益財団法人 京のふるさと産品協会(京風雑煮)

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園