野菜で作る離乳食レシピ!成長期に合わせた下ごしらえのコツも

調理する

野菜で作る離乳食レシピ!成長期に合わせた下ごしらえのコツも

監修:

野菜を使った離乳食レシピです。ごっくん期、もぐもぐ期、かみかみ期と成長に合わせた下ごしらえのポイントも紹介します。

かぼちゃやほうれん草など野菜の下ごしらえの基本

離乳食に使う野菜の下ごしらえの仕方を、かぼちゃ、にんじん、トマト、ほうれん草、キャベツを例に紹介します。

●かぼちゃ
種と皮を取り除き、やわらかく茹でて細かく刻みつぶす。
●にんじん
皮をむき、細かく刻んでよく茹でてつぶす。
●トマト
皮を湯むきし、種と芯を取り除く。細かく刻んでつぶす。
●ほうれん草
下茹でしてあくをとる。やわらかい葉先だけをこまかく刻んでつぶす。
●キャベツ
芯を取り除いてやわらかい葉を茹で、細かく刻んでつぶす。

成長期別かぼちゃやほうれん草の離乳食レシピ

野菜でさっと作れる離乳食レシピを、成長期別に野菜のつぶし具合や硬さなどとともに紹介します。

【ごっくん期(5~6カ月)の野菜の下ごしらえ】

野菜の皮や芯は取り除き、やわらかく煮ます。さらに、よくすりつぶし、なめらかにします。

●かぼちゃのペースト

甘いかぼちゃの離乳食

かぼちゃのペーストのレシピ

材料

  • かぼちゃ:180g(約1/8個)
  • だし汁:200ml

作り方

  1. かぼちゃは種と皮を取り除いて一口大にカットする。
  2. 鍋にだし汁200mlを入れ、1をやわらかくなるまで煮る。
  3. 2をすりつぶす。水分が足りないようなら、だし汁(大さじ1:分量外)をさらに加えてペースト状にする。

【もぐもぐ期(7~8カ月)の野菜の下ごしらえ】

食事に興味を持ち、手づかみで食べようとする様子も見られる時期。舌を上あごに押し付けて、つぶして食べることも覚えるので、形を残す場合は舌でつぶせる硬さに。野菜は2~3mmほどの角切りか、粗くつぶした状態がよいでしょう。

●里芋とほうれん草のポタージュ

たくさん食べ始める時期にも満足のポタージュ

里芋とほうれん草のポタージュのレシピ

材料

  • 里芋:120g(中2個)
  • ほうれん草:30g(2株分の葉先)
  • だし汁:100ml

作り方

  1. 里芋は皮をむき、一口大に切る。
  2. ほうれん草は下茹でして、やわらかい葉先をこまかく刻んでつぶす。
  3. 鍋でだし汁を温めて、1をやわらかく茹でる。さらにほうれん草を加え、ふたをしておよそ2分間茹でる。
  4. 粗熱をとり、トロトロになるまでブレンダーにかけてでき上がり。

【かみかみ期(9~11カ月)の野菜の下ごしらえ】

自分で食べたいという自立心もでてくるこの時期。あごを上下に動かして、歯ぐきでかむ食べ方を覚え始めるので、歯ぐきでつぶせる硬さを目安にしましょう。野菜は1cm角くらいがよいでしょう。

●かぼちゃとれんこんのドリア

豆乳クリームで作る満腹ドリア

かぼちゃとれんこんのドリアのレシピ

材料

  • かぼちゃ:35g(ピンポン玉大2個分ぐらい)
  • れんこん:30g(厚さ1cm程度の輪切り)
  • 軟飯:100g
  • 粉チーズ:大さじ1/2

<豆乳クリームソース>

  • 豆乳:100ml
  • 小麦粉:大さじ1
  • バター:10g
  • ブイヨン(顆粒):2g

[準備]

オーブンを200℃に予熱しておく(オーブントースターでも可※)。

作り方

  1. かぼちゃは一口大に切る。れんこんは皮をむいて1cmほどの厚さに切り、さらに一口大に切る。
  2. 1を3~4分ほどやわらかく茹でる。
  3. 1、2が茹で上がったら、粗みじん切りにする。
  4. フライパンにバターを入れて溶かし、小麦粉を少しずつ入れてダマにならないように混ぜ合わせる。数回に分けて豆乳を入れ、少しずつのばす。ブイヨンで味をととのえる。
  5. 耐熱容器に軟飯を敷き、3をのせてその上に4と粉チーズをかける。
  6. 200℃に予熱しておいたオーブンで8分ほど焼いたらでき上がり。

オーブントースターを使う場合は、表面に焼き色が付くまで7~8分焼く。

最後に

野菜の離乳食を作ってみてください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2021.07.21

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園