[きくらげの栄養]カルシウムや食物繊維などこんなに種類が!?

栄養・効果

[きくらげの栄養]カルシウムや食物繊維などこんなに種類が!?

監修:

きのこの仲間のきくらげは、コリコリとした食感が魅力で、中華料理には欠かせない食材のひとつ。通年で手に入り、カルシウムや食物繊維をはじめ、さまざまな栄養を含んでいます。そこで、今回はきくらげの栄養や、きくらげと白きくらげの違いなどを解説します。

きくらげの栄養

乾燥きくらげ(左)は干し椎茸よりカルシウムなどを多く含む

乾燥きくらげの栄養量を、同じ乾燥食材である干し椎茸と比較しました。中でもカルシウム310mgやビタミンD85.4μg(マイクログラム)、食物繊維57.4gは、干し椎茸よりも多く含みます(可食部100g当たり)。

乾燥きくらげと干し椎茸に含まれる栄養量の比較のグラフ

きくらげと白きくらげの違い

暗褐色のきくらげ(左)と白色の白きくらげ(右)

●きくらげ

全体は耳型または波形で、屈曲してナラの枯れ木などに群生します。全体的に暗褐色で、表面にかすかに短い毛が生えています。主にコリコリ、プリプリとした食感が特徴。

●白きくらげ

ゼラチン質で半透明の白色です。乾燥白きくらげを十分に水で戻し、軸の硬いところを取り除くと、軟らかな口当たりになります。

きくらげと白きくらげの栄養

きくらげと白きくらげは、ビタミンDやカリウムなどの栄養量が違う

乾燥させたきくらげのカロリーは167kcal、白きくらげは162kcalと、ほぼ同程度ですが、含まれる栄養量は違います。きくらげは、ビタミンD85.4μg、葉酸87μgを白きくらげよりも多く含みます。一方、白きくらげは、カリウム1400mg、ビオチン86.9μgをきくらげよりも多く含みます(可食部100g当たり)。

乾燥きくらげと乾燥白きくらげに含まれる栄養のグラフ

最後に

きくらげの栄養や白きくらげとの違いを知って、独特の食感を生かした料理を楽しんでください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2020.04.01

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
出典:
日本食品標準成分表2015年版(七訂)きのこ類
農林水産省
aff(あふ)2010年9月号 特集2 食材まるかじり(1)(きくらげの特徴)
野菜等の硝酸塩に関する情報(硝酸塩の健康への影響)
東海農政局 平成28年度東海地域食料自給率向上研究会 レシピ集(白きくらげの戻し方・硝酸塩について)

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園