[切り干し大根は栄養の宝庫]なんとカルシウムは大根の20倍!

栄養・効果

[切り干し大根は栄養の宝庫]なんとカルシウムは大根の20倍!

監修:

大根を細切りにして乾燥させたのが「切り干し大根」。乾燥させることで甘みが増し、大根より増える栄養もあります。中でも、整腸効果などがある食物繊維が多く含まれています。保存にも優れた切り干し大根の栄養価や保存方法、戻し方を紹介します。

切り干し大根と生の大根の栄養価の比較

カルシウム、カリウムなどは大根の根より切り干し大根のほうが多い

皮付き大根の根(生)にはカルシウム24mg、カリウム230mg、葉酸34μg(マイクログラム)食物繊維1.4gなどの栄養があります(可食部100g当たり)。一方、切り干し大根の同じ栄養素を見ると、カルシウム500mg、カリウム3500mg、葉酸210μg、食物繊維21.3gと、根(生)より大幅に含有量が増加します。

皮付き大根の根(生)と切り干し大根に含まれる栄養価の比較のグラフ

切り干し大根の保存法

長期間常温保存すると茶色く変色するので、密閉容器などに入れて涼しい場所で保存します。冷蔵庫の冷蔵室で保存するとよいでしょう。

切り干し大根は密閉容器に入れて涼しい場所で保存

切り干し大根の戻し方

  1. 1~2回ほど水を替えながら、軽くもむようにして汚れや臭いを洗い流します。
  2. たっぷりの水(切り干し大根の分量の3倍程度)の水に浸けて戻します。
汚れや臭いを洗い流してからたっぷりの水に浸けて戻す

最後に

保存もきき、何かと重宝する切り干し大根をさまざまな料理に利用してみましょう。

切り干し大根のアレンジ&リメイクレシピはコチラ

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2020.07.15

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園