[超便利!トマトの冷凍保存]保存のコツと活用法&簡単アレンジ

選ぶ・保存する

[超便利!トマトの冷凍保存]保存のコツと活用法&簡単アレンジ

監修:

食卓の彩りに欠かせないトマト。生のままスライスしてサラダに、コトコト煮込んでスープやソースにと、使い勝手が良いのも特長です。そんなトマトをたくさん手に入れたら、新鮮なうちに迷わず冷凍!実は、冷蔵庫に放置しておくよりも断然便利で、しかもおいしく使える方法なのです。

トマトの便利な冷凍方法

トマトの便利な冷凍方法

トマトを冷凍保存するときは、「丸ごと」か「刻み」が便利。丸ごとの場合は、ヘタを取って1個ずつラップで包み、ヘタ部分を下にして冷凍用保存袋に入れます。刻む場合は、粗めのみじん切りにして冷凍保存袋に入れ、平らにならして密封します。

トマトを冷凍保存する4大メリット

  1. 日持ちが長くなる!
    トマトは冷やしすぎると甘みが弱くなるため、夏期以外は冷蔵保存を避けたい野菜。冷蔵の場合は日持ちして10日ほどですが、冷凍なら約1カ月保存できます。
  2. 熱湯不要で皮がむける
    熱湯不要で皮がむける

    丸ごと冷凍したものは、凍ったまま水に浸けるだけで簡単に皮がむけます。熱湯にくぐらせたり、直火であぶったりという、面倒な下ごしらえも不要に!
  3. そのまま調理できる
    そのまま調理できる

    加熱調理するときは、凍ったままでOK。解凍の手間が省けるだけでなく、すぐに煮崩れて、味もなじみやすいので、スープや煮込み料理の調理時間も短縮できます。凍ったまますりおろして加熱すれば、トマトソースも手軽につくれます。
  4. 新感覚のデザートになる
    新感覚のデザートになる

    冷凍や解凍によって細胞が壊れることで、甘みを感じやすくなるという効果も。凍ったものを粗めにすりおろせば、シャリシャリとした食感と、自然な甘みが効いたシャーベットとしておいしく食べられます。ミニトマトは丸ごと凍らせたものにハチミツをかけるだけで、氷菓のようなひんやりデザートに!
    【注意】満1歳未満の乳児にはハチミツを食べさせないでください。

最後に

冷凍するだけで、使い方が広がる便利なトマト。冷凍庫にストックしておけば、日々の料理の強い味方になること間違いなしです。ぜひ活用してみてください。

カゴメ 「野菜と生活 管理栄養士ラボ」

カゴメ 「野菜と生活 管理栄養士ラボ」

カゴメ管理栄養士による、「食と健康」に関するコンテンツを開発・提案する専門チームです。カゴメがトマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見、小売店、中食・外食業態を展開する企業向けの営業活動で培ったメニュー開発・提案力を活かし、「健康セミナー」や「メニューレシピ監修」など日々の健康づくりにお役立て頂けるコンテンツを開発し、提案致します。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2019.09.19

文:KWC
写真:小林友美
監修:カゴメ 「野菜と生活 管理栄養士ラボ」
参考文献:『ひと目でわかる! 食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
出典:農林水産省 東海農政局

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園