[カリフラワー]含まれる栄養素と、茹で方のコツ

種類

[カリフラワー]含まれる栄養素と、茹で方のコツ

監修:

地中海東部沿岸が原産地といわれるキャベツの仲間で、ビタミンCが豊富 。ブロッコリー同様、花蕾(つぼみ)の部分を食べます。加熱してサラダやスープに加えるなどアレンジしやすいのも人気の秘密。白が定番ですが、カラフルな品種も登場しています。

栄養素

  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン など

旬・産地

品種改良などにより、現在では一年中手に入ります。しかし、カリフラワーは冷涼な気候でよく育つため、旬は10月頃から。地域により、4~5月頃まで出荷されています。主な産地は徳島、茨城、愛知県などです。

トリビア

日本では第二次世界大戦後に普及

日本には明治初期に渡来しましたが、当時は食用としても観賞用としても普及しませんでした。需要が高まったのは第2次世界大戦後。洋食文化が広まった昭和30年代後半から親しまれるようになりました。
昭和50年代後半には11万トン生産されるようになりましたが、同じ頃にブロッコリーが急速に普及し、カリフラワーの生産は減少。平成25年には1万8千トンまで生産量が減少しました。

いろいろなカリフラワー

白いカリフラワーがポピュラーですが、近年では様々な色や形のカリフラワーを店頭で見かけるようになりました。

  • オレンジカリフラワー
    花蕾がオレンジ色のカリフラワー。β-カロテンを多く含む。
  • 紫カリフラワー
    アントシアニンを多く含む。茹でるといっそう鮮やかな紫色になる。
  • ロマネスコ
    イタリア伝統の野菜で、花蕾が黄緑色。ゴツゴツした見た目が特徴。

選び方

おいしいカリフラワーの選び方

花蕾がかたく締まり、こんもりと盛り上がっているものが新鮮。全体的にずっしりとした重みがあるもの、色は変色がなく純白なものを選びましょう。

保存方法・期間

カリフラワーをおいしく保存するコツ

保存するときはラップで包むかビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて入れましょう。すぐに使い切れない場合や鮮度が劣るものは、歯ごたえがしっかり残るかたさに茹でてから冷蔵庫で保存します。

下ごしらえのコツ

カリフラワーの切り方

●花蕾の切り方(ふたつ割り)

  1. 葉を取って、花蕾と茎を境目で切り離す。
    カリフラワーの切り方
  2. 花蕾の真ん中あたりまで切り込みを入れる。
    カリフラワーの切り方
  3. 切り込みを開き、手で裂いて半分に分ける。
    カリフラワーの切り方

●茎の切り方

  1. 外側を厚くむく
    カリフラワーの切り方
  2. 繊維に沿って縦に切る。
    カリフラワーの切り方

カリフラワーの茹で方
丸ごと茹でると断面が少ないため、うま味が流れ出ずにおいしく仕上がります。

  1. 鍋に湯を沸かし、沸騰したら茎の方から入れる
    カリフラワーの茹で方
  2. 1~2分で裏返し、花蕾側を茹でる。茎が透き通ってきたら楊枝を刺し、弾力が残るかたさでザルにあげて冷ます。
    カリフラワーの茹で方

文:KWC
写真:山田和幸
監修:カゴメ
参考文献:『旬の野菜の栄養事典』吉田企世子監修(エクスナレッジ)/全229種の野菜の糖質量を完全網羅。身近な野菜の栄養がすぐに分かる!15年ぶりの大幅改訂となる「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」対応。
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『内田悟のやさい塾 秋冬』内田悟著(メディアファクトリー)
出典:北陸農政局ホームページ


毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY

最終更新:2018.07.02

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園