[パクチー]栄養&効能のヒミツと、料理別使い分け

種類

[パクチー]栄養&効能のヒミツと、料理別使い分け

監修:

地中海沿岸原産の香味野菜。シャンツァイ、コリアンダーなどとも呼ばれ、独特の強い香りが特徴です。好き嫌いは分かれますが、中国、タイ、ベトナム、中東、メキシコなど、スパイスの効いた料理には欠かせない存在。生の葉や茎だけでなく、じつは根も食用として使うことができるほか、種子もスパイスとして利用されます。

栄養素

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • カリウム
  • 鉄 など

旬・産地

通年出回っていますが、旬の時期は3~6月。スパイスとして使われる種子は5~7月に収穫されます。家庭でもプランターや水耕栽培で手軽に育てられます。

トリビア

古代ギリシャでは、種子は“薬”だった!

甘くオレンジに似た香りがする種子は、古くから薬効が知られており、古代ギリシャでは医薬として用いられていたそうです。炭水化物と合わせると効果が高まるとされ、パンやケーキに入れて焼かれていたとか。

選び方

フレッシュなパクチーの見分け方

フレッシュなパクチーの見分け方
フレッシュなパクチーの見分け方

葉の色が鮮やかでみずみずしいものを選びましょう。茎はあまり太くなく、張りのあるものほどしっかりとした香りがあり、薬味としての効果も期待できます。

保存方法・期間

サラダやトッピングに使うなら冷蔵保存

茎を水に浸した後、湿らせたキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて冷蔵室(野菜室)へ。 高さに余裕があれば立てて保存する。保存の目安は約2週間。

サラダやトッピングに使うなら冷蔵保存

すぐに使わないときは、生のまま冷凍存

葉と根に切り分け、葉は刻んで冷凍保存袋に密閉し、根はラップに包み、それぞれ冷凍室で保存します。解凍するときは凍ったまま使えます。1カ月以内に食べきりましょう。

すぐに使わないときは、生のまま冷凍存

切り方のコツ

風味ごとに使い分ける

薬味として添えるのはもちろんですが、葉よりも香りが強い茎と根は、加熱調理にも向いています。

切り方のコツ

葉:刻む、ちぎる →ドレッシング、和え物、彩りも兼ねた薬味に。

切り方のコツ

茎:細かく刻む →トッピング、炒めもの、汁物の風味づけなどに。

切り方のコツ

根:軽くつぶす →スープやカレーなどの煮込み料理に。


文:KWC
写真:山田和幸
監修:カゴメ
参考文献:
『ひと目でわかる! 食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
旬の野菜の栄養事典』吉田企世子監修(エクスナレッジ)/全229種の野菜の糖質量を完全網羅。身近な野菜の栄養がすぐに分かる!15年ぶりの大幅改訂となる「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」対応。
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英監修/板木利監修(高橋書店)


毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY

最終更新:2018.07.02

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園