自由研究のテーマに!タマネギの皮で草木染めに挑戦

育てる

野菜を楽しむ・育てる

自由研究のテーマに!タマネギの皮で草木染めに挑戦

監修:

いつもは捨ててしまう野菜の皮の中には、染料として利用できるものがあります。例えばタマネギの茶色い「外皮(以下、皮)」も染料になります。今回はタマネギの皮を利用した、自由研究にピッタリな染め物を紹介します。

草木染めとは?

植物に含まれている自然の色を抽出して糸や布を染める方法を「草木染め」といいます。草木の種類によって発色する色が異なるうえ、同じ植物でも季節や染め方を変えることにより、多彩な色に染めることができます。
草木染はどの色もやわらかく安らぎのある自然の色合いが特徴です。

タマネギの皮で染まる理由

タマネギの皮には、ケルセチンという色素が多く含まれているため、今回のように染色ができます。ケルセチンはフラボノイドの一種です。様々な野菜に含まれていますが、中でもタマネギの皮に多く、可食部の20倍以上の量を含んでいます。なおケルセチンは黄色の色素ですが、タマネギの皮のケルセチンは赤味が強い色相なので、オレンジ色に染まることもあります(天然色素は染める素材によっても発色が変わるため、どんな色が出るか分からないのも魅力です)。

タマネギのケルセチンについて詳しくはこちら

タマネギの草木染めをやってみよう

●準備するもの

<染料液>

  • タマネギの皮:50g
  • 水:5リットル(染料液用)
  • こし布(ガーゼやさらしなど)
  • ざる

<媒染液>

  • 焼きみょうばん:8g
  • 水:500ml
  • ステンレスボウル
  • 染める布(ハンカチなど※)
  • 豆乳(または牛乳)
  • 輪ゴム
  • アイロン
  • アイロン台
  • 消石灰

大きなサイズの布を染める場合、たくさんのタマネギの皮が必要になるので、今回はハンカチ程度の大きさ(100g)を想定しています。

●手順

  1. 鍋にタマネギの皮を入れ、水(5リットル)を加えて30分程度煮出して染料液を作る。
  2. ステンレスボウルにざると、こし布をかけて1をこす。
    熱いので、やけどに注意してください。

    タマネギの皮を煮出した染色液を、ざるとこし布でこす
  3. 鍋に水(500ml)を沸かし、焼きみょうばんを入れて弱火で透明になるまで15~30分くらい加熱して溶かし、媒染液を作る。
  4. 染める布を水洗いし、よく絞る。濃いめに染めたい場合は豆乳か牛乳に浸して絞る。
  5. 模様をつくる。輪ゴムで布の数か所をくくると白い輪のような模様になる。
    布の数カ所を輪ゴムでくくり、模様をつくる
  6. 布を2の染料液に浸す。
  7. しばらく浸して全体に色が付いたら、輪ゴムを外し、水洗いしてよく絞る。
  8. 洗面器などに入れた3の媒染液に15~30分浸す。
  9. 染まった布を水洗いして干す。
  10.  アイロンをかけて、しわを伸ばせば完成。
    水洗いした布を干し、アイロンをかければ完成

最後に

タマネギの皮を使って、子どもと一緒に草木染めを楽しんでください。

自由研究に!野菜が水に浮くor沈む実験はコチラ
自由研究にオススメ!7~10日間で育つ、簡単もやし栽培はコチラ

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


野菜のQ&A
カゴメのオススメ記事
  • 野菜の種類
  • 野菜の栄養・効果 効能
  • 野菜を選ぶ・保存する 野菜の選び方、野菜の味、野菜の消費期限
  • 野菜を調理する 野菜の切り方、野菜の下ごしらえ
  • 野菜を育てる 野菜の栽培方法、家庭菜園