ブロッコリースプラウトとブロッコリー、生長度で栄養は違うの?

栄養・効果

ブロッコリースプラウトとブロッコリー、生長度で栄養は違うの?

監修:

野菜の中には、ブロッコリースプラウトとブロッコリー、ヤングコーンととうもろこしのように、生長前(新芽や若採りしたものなど)と生長後の両方を食べるものがあります。今回は、それぞれの栄養量の違いや特徴について解説します。

ブロッコリースプラウトとブロッコリーの特徴や栄養

ブロッコリースプラウトはブロッコリーの種を発芽させたもの

ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの種を発芽させたものです。スルフォラファンという成分が含まれることから注目され、年々需要が高まっています。ブロッコリーはそれが成熟したもので、主に花蕾(頂部分)を食べます。

●栄養の比較

ブロッコリーは、β-カロテン2424μg(マイクログラム)やビタミンE8.8mg、ビタミンK485μg、カルシウム115mgなどを豊富に含みます。ブロッコリースプラウトのβ-カロテンは7368μgと、ブロッコリーの約3倍。他にもビタミンE16.8mgやビタミンK789μg、カルシウム300mgは、ブロッコリーよりも多く含みます(100kcal当たり)。

ブロッコリースプラウトとブロッコリーに豊富に含まれる栄養のグラフ

ブロッコリースプラウトの注目の栄養素はコチラ

ブロッコリーの栄養や特徴はコチラ

●おすすめの食べ方

[ブロッコリースプラウト]
加熱せずに生のままサラダやサンドイッチなどの具材。またパスタやうどん、冷奴などのトッピングに。
[ブロッコリー]
少量の油をプラスして食べるとβ-カロテンの吸収率がアップするので、下ごしらえで茹でた後、マヨネーズをかけたサラダや炒め物など。

ブロッコリースプラウトの栄養を逃がさない食べ方はコチラ

ブロッコリーのおいしい茹で方はコチラ

ヤングコーンととうもろこしの特徴や栄養

ヤングコーンはスイートコーンの2番目以降の穂を若採りしたもの

ヤングコーンは、スイートコーンの2番目以降の穂を若採りしたものです。芯がやわらかく、丸ごと食べられるので、生鮮のほかに、水煮の瓶詰めや缶詰などで出回っています。それが成熟したとうもろこしは、糖度によってスイート種とスーパースイート種に分けられます。

●栄養の比較

とうもろこしは、葉酸103μgを多く含み、ビタミンB2 0.1mgやビタミンC8.7mg、カリウム315mgなどを含みます。ヤングコーンは、ビタミンB2 0.4mg、ビタミンC31mg、葉酸379μg、カリウム793mgなどがとうもろこしよりも多く、豊富に含みます(100kcal当たり)。

ヤングコーンととうもろこしに含まれる栄養のグラフ

とうもろこしの栄養や特徴はコチラ

●おすすめの食べ方

[ヤングコーン]
サラダ、シチュー、中華料理など。また、ひげや薄皮も食べることができる。
[とうもろこし]
茹でたり焼いたりするほか、サラダなどに。

とうもろこしのおいしい茹で方はコチラ

最後に

ブロッコリースプラウトとヤングコーンの栄養や食べ方を知って、ぜひ料理に生かしてください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2020.02.20

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ

参考文献:『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
出典:
日本食品標準成分表2015年版(七訂)野菜類
独立行政法人農畜産業振興機構
「野菜ブック」ブロッコリー
「野菜ブック」スイートコーン
「今月の野菜」スイートコーンの需給動向(ヤングコーンの収穫)

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園