じゃがいもとさつまいもの違い!じゃがいもはあの野菜の仲間!?

選ぶ・保存する

じゃがいもとさつまいもの違い!じゃがいもはあの野菜の仲間!?

監修:

じゃがいもとさつまいもは「いもの仲間」という、ザックリとした理解の方も多いのでは。実際には、いろいろな違いがあり、今回はルーツや特徴、種類などをまとめて紹介します。

種類(分類)は、どう違うの?

じゃがいもの花はなすに、さつまいもの花はアサガオに似ている

じゃがいもは、なすの仲間でナス科ナス属に分類されます。さつまいもは、ヒルガオ科サツマイモ属で、どちらも「いも」とつきますが、分類上は全く異なるもの。そのため、じゃがいもにはなすの花に似た花が咲き(上のイラスト左)、さつまいもにはアサガオに似た花(右)が咲きます。

原産地や伝来は違うの?

●じゃがいも

じゃがいもの原産地はアンデス山脈

原産地は、中南米から南米にかけてのアンデス山脈です。15世紀の終わりにヨーロッパに伝わりましたが、食用になったのは18世紀になってからのようです。

じゃがいもの伝来について詳しくはコチラ

●さつまいも

さつまいもの原産は熱帯アメリカで、その後中央アンデスで作られた

メキシコを中心とする熱帯アメリカが原産です。紀元前800~1000年ごろには中央アンデスで作られていました。その後、ヨーロッパに伝わりましたが涼しい気候が合わないためあまり作られず、気温が高いアフリカやインド、東南アジアの植民地に持ち込まれたことで、世界中に普及します。日本へは、1600年ごろに中国から伝来しました。

名前の由来は?

●じゃがいも

17世紀の初めにインドネシアのジャカルタから伝わりました。そのため「ジャカルタから来たいも=じゃがたらいも」がなまって、じゃがいもになったといわれています。

●さつまいも

中国から琉球(現在の沖縄県)を経由して薩摩地方(現在の鹿児島県)に伝わったので、さつまいもと呼ばれるようになりました。

最後に

同じいもでも、じゃがいもとさつまいもは分類上、全く違う野菜でしたね。またそれぞれ、料理によって品種を使い分けるとよりおいしく食べることができます。ぜひ、下記を参考に試してみてください。

じゃがいもの品種に適した調理法はコチラ
さつまいもの品種に適した調理法はコチラ

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2021.09.15

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修:カゴメ
参考文献:
『もっとおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
出典:
農研機構 野菜花き研究部門 野菜の花の写真
ナス
ジャガイモ
独立行政法人農畜産業振興機構 消費者コーナー 「さつまいも」について(さつまいもの花)
農林水産省 こどもページ 「子どものための農業教室 農産物たんけん隊 」
ジャガイモ「どこからきたの?」(じゃがいもの原産、伝来、名前の由来)
サツマイモ「どこからきたの?」(さつまいもの原産、伝来、名前の由来)

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園