5STORIES 生鮮ビジネスの拡大5STORIES 生鮮ビジネスの拡大

生鮮ビジネスの拡大 最先端の技術を集結し、生鮮事業で農業の成長産業化生鮮ビジネスの拡大 最先端の技術を集結し、生鮮事業で農業の成長産業化

生鮮トマト事業では、高リコピントマトを中心に生鮮売場を活性化し、新たなトマトの品種開発を進めていきます。さらに、ベビーリーフの販売エリアや商品ラインナップを拡充させ、「トマトの会社から、野菜の会社に」事業領域を広げます。

大規模ハイテク菜園を全国で展開

1998年より本格的にスタートした生鮮トマト事業。旬の夏と秋の時期は露地栽培、その他の時期は大型菜園でトマトを栽培しています。大型菜園では、温室内の温度や湿度、灌水などをコンピュータで自動制御。外界との接触が少ないため病虫害のリスクを抑えることもできます。また、立体的な仕立て方により、単位面積当たりの収穫量を最大化できるなど、均一な室内環境と均一な管理作業によって年間を通して安定した出荷量と高単収を実現しています。菜園では、クリーンエネルギーの活用やCO2対策、節水、生態系への配慮など、環境にやさしいトマト栽培を実現。「ラウンドレッド」や「高リコピントマト」をはじめ、約14,000tの年間出荷量を目指しています。

いわき小名浜菜園いわき小名浜菜園
ラウンドレッド、高リコピントマト、GABAリッチトマトラウンドレッド、高リコピントマト、GABAリッチトマト
左:ラウンドレッド 真中:高リコピントマト 右:GABAリッチトマト

ケールとダイコンから生まれた新野菜「ケーリッシュ®」の開発

2019年10月、健康成分スルフォラファン(*1)を多く含む新しい葉野菜「ケーリッシュ」(*2)の販売を開始いたしました。「ケーリッシュ」はケールとダイコンを掛け合わせた新しい葉野菜です。生で食べるとダイコンやルッコラのような辛味があり、加熱調理すると濃い旨味が引き立ちます。この野菜の特徴は、健康成分スルフォラファンを豊富に含んでいることにあります。調理方法は、生ではもちろん、スープ・煮物・炒め物などの加熱調理メニューにもむいており、スルフォラファンの摂り方の選択肢を広げます。これから「ケーリッシュ」を広めていくことにより、お客様の健康で豊かな食生活に貢献してまいります。

ケーリッシュケーリッシュ
(*1)食品中では SGS(スルフォラファングルコシノレート)として存在しており、体内で分解されることでスルフォラファンに変わります。 (*2)「ケーリッシュ」(品種名:サンテヴェール 48)は、カゴメ株式会社の登録商標です。

ベビーリーフの販売を強化

カゴメがトマト以外で初めて発売した野菜がベビーリーフです。ベビーリーフは食物繊維やカルシウム、鉄、ビタミンAなどが栄養表示基準を上回る高機能野菜です。また、その幼葉には大人葉よりも多くのポリフェノールやβカロテンが含まれていることも明らかになっています。2017年からは山梨県北杜市で「高根ベビーリーフ菜園」を稼働。供給体制と販売を強化するとともに、新たなメニューを提案しています。さらに、2019年夏には「洗わないでそのまま使える国産ベビーリーフミックス」を発売。今後も、毎日の食事に手軽に野菜をとり入れることのできる魅力的な商品をお届けします。

ベビーリーフベビーリーフベビーリーフ
ベビーリーフを使用したメニュー例
イタリアンサラダミックス、ベビーリーフミックス、洗わないでそのまま使える国産ベビーリーフミックスイタリアンサラダミックス、ベビーリーフミックス、洗わないでそのまま使える国産ベビーリーフミックス
左:イタリアンサラダミックス 真中:ベビーリーフミックス 右:洗わないでそのまま使える国産ベビーリーフミックス