プラントベースフードの取り組みプラントベースフードの取り組み

プラントベースフードの取り組み 地球と人の健康および持続的な社会の実現をめざすプラントベースフードの取り組み 地球と人の健康および持続的な社会の実現をめざす

近年、健康的でサステナブルな食品として、タンパク質を多く含む大豆や、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜などを加工した植物性食品に注目が集まっています。
カゴメは、植物性素材からなる食品全般を扱う「プラントベースフード」事業に本格的に参入していきます。

カゴメのプラントベースフード商品

「プラントベースフード」とは、植物性の食材からなる食品全般のことをいい、健康的でサステナブルな食品として注目されています。カゴメは、この「プラントベースフード」へのニーズの高まりを受けて、2019年より動物性原材料を配合せず*、植物素材を使ったさまざまな商品を提供しております。“野菜の会社”カゴメだから実現した、おいしく手軽な「プラントベース」シリーズのラインナップで、植物性の食生活に彩りをお届けしていきます。

「プラントベース」シリーズ「プラントベース」シリーズ
* 同一製造ラインにおいて、動物性原材料を含む商品を製造しています

『Plant Based Lifestyle Lab』設立

カゴメは、株式会社パソナグループ、不二製油グループ本社株式会社、ほか12社と連携し、任意団体『Plant Based Lifestyle Lab』を2021年3月に設立。「Plant Based Food」の普及と「Plant Based Lifestyle」の推進に取り組んでいます。2021年10月には一般社団法人となり、新たな会員企業も加わり、2021年12月時点で39社が参画しています。会員企業の共創による新商品の共同研究・開発、セミナー開催のほか、農業・美容・医療・観光などさまざまな分野を組み合わせた価値創造によって、植物性食品を取り入れた持続可能な社会の実現をめざしていきます。

スタートアップ企業、株式会社TWOとの業務提携

カゴメは、「プラントベースフード」のブランド「2foods(トゥーフーズ)」を展開するスタートアップ企業、株式会社TWOと2021年4月に業務提携契約を締結し、「プラントベースフード」の市場拡大にむけて、新事業や新商品の開発をスタートさせます。両社の知見を活かした「プラントベースフード」の開発・普及を通して、持続可能な社会の実現に貢献していきます。