事業等のリスク

当社グループの事業の状況及び経理の状況等に関する事項のうち、リスク要因となる可能性があると考えられる主な事項及びその他の投資者の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる事項を記載しています。

なお、以下に記載のうち将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在(2022年3月11日)において当社が判断したものです。詳細につきましては、IR資料室[有価証券報告書]の【事業等のリスク】をご覧ください。

区分
項目
リスクシナリオ
経営
事業環境の変化
サプライチェーン
保有資産の減損等
国内経済/消費動向の変化に伴う競争力の失墜
将来性を見誤った投資による事業戦略の失敗
天候変動による不作、調達価格上昇や供給不足
外貨需給の急激な変動、為替換算による業績影響
保有資産の価値下落に伴う収益性の悪化、財政状態への影響
災害・事故
安全性
天災・感染症
情報・システム
異物混入等によるブランドイメージ棄損、回収や損害賠償
災害/感染症によるサプライチェーンの混乱、商品供給の停滞
情報システムの崩壊や停止、情報の消失/漏洩/改ざん
経済・社会環境
カントリーリスク
規制強化
気候変動
政治経済の混乱、戦争やテロによる調達供給不能
規制違反/変更に伴う事業活動の制限、追加コストの発生
気候変動の顕在化による原料調達の途絶、生産地への被害


IR情報