自然を、おいしく、楽しく。KAGOME企業情報サイト

商品・キャンペーンサイト

サイト内検索
  • お客様相談センター
  • サイトマップ
  • ニュースリリース
  • 会社案内
    • 社長の挨拶
    • 企業方針
    • 会社概要・事業所
    • 関連会社
    • カゴメの歴史
    • 行動規範
    • 会社案内「KAGOME STORY」ダウンロード
  • ファン株主のみなさまへ
    • 株主イベント
    • 株主優待
    • 株式概要
    • 資料室
    • よくあるご質問
  • 社会・環境(CSR)
    • CSR活動報告
    • 食育支援活動
  • 安心・安全
    • 品質方針
    • カゴメのこだわり
    • 食品の気になる話題から
    • 機能性表示食品に関わる情報開示
  • 研究・開発
  • 採用情報
    • 採用情報詳細
    • カゴメの人(社員紹介)
    • お知らせ

企業情報トップ> ニュースリリース> 2012年 > 「野菜生活100 瀬戸内レモンミックス 200ml」期間限定発売 〜早摘みレモンの香りと完熟レモンのコク〜 広島県と『瀬戸内レモン協定(*1)』を締結

ニュースリリース

発表年から探す
2012

ニュースリリース

カゴメ株式会社からのニュースリリースです。
掲載された情報は発表当時のものです。価格などは変更される場合があります。

このページを印刷

2012年2月8日 飲料

「野菜生活100 瀬戸内レモンミックス 200ml」期間限定発売
〜早摘みレモンの香りと完熟レモンのコク〜
広島県と『瀬戸内レモン協定(*1)』を締結

カゴメ株式会社(社長:西秀訓)は、「野菜生活100 瀬戸内レモンミックス」200mlを、2012年2月21日(火)から全国で発売いたします。

野菜生活の季節限定商品は、季節感のある果実を使用し、多くの皆様に好評を頂いております。今年度は、5月に『沖縄シークヮーサーミックス』を発売、9月には山形産のラ・フランスを使用した『ラ・フランスミックス』を、12月からは熊本産のデコポンを使用した『デコポンミックス』を発売し、3品合計で4000万本以上を販売することが出来ました。(2012年1月末現在)。
今回発売する「野菜生活100 瀬戸内レモンミックス」には、広島県産のレモンを使用し、爽やかなレモンの香りを活かした、すっきりとしたおいしさに仕上げました。100%ジュースならではの飲みごたえと春らしいさわやかなレモンの味わいをお楽しみいただけます。

また、本日(2012年2月8日)、カゴメと広島県は『瀬戸内レモン協定(*1)』を締結しました。カゴメは本商品の発売により、広島県が推進する「瀬戸内 海の道構想(*2)」など、広島県が推進する施策を応援してまいります。

(*1) 『瀬戸内レモン協定』とは・・・広島県とカゴメが協働し、広島県の一層の地域の活性化及び県民サービスの向上を図ることを目的とした協定
(*2) 『瀬戸内 海の道構想』とは・・・詳細は参考資料をご確認ください

野菜生活100 瀬戸内レモンミックス
200ml

野菜生活100 瀬戸内レモンミックス
画像を拡大する

ターゲット

20〜40代の男女

■商品特長

  • ◇ 広島産の早摘みグリーンレモンと完熟イエローレモンを使用 (レモン使用量の95%以上)
  • ◇ 1日分のビタミンCを含有 (*厚生労働省「日本人の栄養摂取基準(2010年)」から)
  • ◇ 砂糖・食塩無添加

商品の価格および荷姿

商品名 容量・荷姿

税別参考小売価格
(税込)

賞味期限
野菜生活100 瀬戸内レモンミックス 200ml/24 109円
(114円)
120日

発売期間

2012年2月21日(火)〜2012年5月末 (期間限定予定)

■発売地区

全国

■販売目標

9億円(2012年2月〜2012年5月) 

 

 

<参考資料>

■瀬戸内レモンについて

レモンの栽培に最適な、寒暖の差、降雨量が少ない瀬戸内海気候によって、広島県はレモンの生産が日本一(国内シェア57%、2位愛媛県)である。10月〜11月は早摘みのグリーンレモンが収穫され、3月以降は酸分が下がる為、果汁生産の最盛期となる。

瀬戸内レモン

広島県が推進する「瀬戸内 海の道構想」とは

1 ねらい
「瀬戸内」の様々な地域資源を「磨く」「つなぐ」「発信する」一連のプロセスを通じて「瀬戸内ブランド」を構築し,瀬戸内地域全体の魅力向上,地域産業の活性化や交流人口の拡大により,地域の活性化を目指す。

2 構想のポイント
(1)広域的取組みの必要性
地域全体を見渡すなかで,個々の資源を他と連続させ,魅力ある広域ルートを充実させることでエリア内に相乗効果を生み,その連鎖によって全体のパイの拡大を図ってゆく。

広域的な連携による対外的な訴求イメージ

(2)プロジェクト戦略
「瀬戸内ブランド」の確立のため,これを段階的に具体化してゆく3つのサブブランドと7つの戦略テーマを体系化し,これに基づく個別のプロジェクトを展開する。

「瀬戸内 海の道構想」推進の基本的な考え方
 

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.