自然を、おいしく、楽しく。KAGOME企業情報サイト

商品・キャンペーンサイト

サイト内検索
  • お客様相談センター
  • サイトマップ
  • ニュースリリース
  • 会社案内
    • 社長の挨拶
    • 企業方針
    • 会社概要・事業所
    • 関連会社
    • カゴメの歴史
    • 行動規範
    • 会社案内「KAGOME STORY」ダウンロード
  • ファン株主のみなさまへ
    • 株主イベント
    • 株主優待
    • 株式概要
    • 資料室
    • よくあるご質問
  • 社会・環境(CSR)
    • CSR活動報告
  • 安心・安全
    • 品質方針
    • カゴメのこだわり
    • 食品の気になる話題から
    • 機能性表示食品に関わる情報開示
  • 研究・開発
  • 採用情報
    • 採用情報詳細
    • カゴメの人(社員紹介)
    • お知らせ

企業情報トップ> ニュースリリース> 2014年 > カゴメ久留米メガソーラー発電所 売電開始3月11日発電分は「みちのく未来基金」へ寄付 

ニュースリリース

発表年から探す
2014

ニュースリリース

カゴメ株式会社からのニュースリリースです。
掲載された情報は発表当時のものです。価格などは変更される場合があります。

このページを印刷

2014年2月4日 事業

カゴメ久留米メガソーラー発電所 売電開始
3月11日発電分は「みちのく未来基金」へ寄付 

カゴメ株式会社(社長:寺田直行)は、子会社のカゴメ不動産株式会社(社長:蟹江信孝)の運営するカゴメ久留米メガソーラー発電所にて、2月4日(火)より、売電を開始致しました。

 

カゴメ久留米メガソーラー発電所は、12月に稼働したカゴメ山梨メガソーラー発電所に続き、カゴメグループとして、2番目のメガソーラー発電所になります。カゴメ久留米メガソーラー発電所は、物流拠点の集約により2012年に閉鎖したカゴメ配送センターの跡地を利用しています。2013年7月より、48千平方メートルの土地に、5億円を投じて7,320枚のパネルを設置、出力は1,890kW、年間売電量は、2,200MWhを予定しています。

カゴメグループの太陽光発電事業は、全国3カ所(青森県、山梨県、福岡県)に、2013年6月より、閉鎖している工場や配送センターの跡地を活用して、太陽光パネルを設置し、年間合計で、6,875MWhを発電する計画です。6,875MWhは、一般家庭の消費電力に換算すると、約2000軒分の年間使用量(※1)に相当します。本年9月より稼働予定の青森県での売電が開始されると、計画していた3カ所全てで売電が開始されることになります。なお、発電した電力は全て電力会社に売却し、年間で3カ所合計約2.7億円の売電収入を見込んでいます。

 

また、本事業においては、東日本大震災が起こった3月11日に合わせて、同日に売電された金額を、20年間に亘り、みちのく未来基金(※2)に寄付する予定です。金額は、1発電所あたり30万円程度の見込みです。 

カゴメは、太陽・水・土に育まれた自然の力を人のいのちに結び、おいしく、楽しく、食べることを通してグローバルな人・社会・地球環境の健康長寿に貢献することを目指しています。自然の恵みである太陽光を使った発電事業は、自然の「再生力」を活用した事業です。本事業を通じて、サステナブルな人・社会・地球環境の健康長寿へ貢献致します。         

 

※1 一般家庭の消費電力:年間約3,600 kWh(経済産業省)

※2 「みちのく未来基金」とは、カゴメ株式会社、カルビー株式会社、ロート製薬株式会社の3社が、東日本大震災において被災し両親またはどちらかの親を亡くされた子ども達の進学を支援するために設立した奨学基金です

 

カゴメ久留米メガソーラー発電所
 

画像を拡大する

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.