企業情報トップ> ニュースリリース> 2015年 > <日本農芸化学会2015年度大会(2015年3月26日〜29日)で発表予定>朝にトマトを摂ると機能性成分"リコピン"が効率的に吸収されることを確認

ニュースリリース

発表年から探す
2015

ニュースリリース

カゴメ株式会社からのニュースリリースです。
掲載された情報は発表当時のものです。価格などは変更される場合があります。

このページを印刷

2015年3月9日 研究

<日本農芸化学会2015年度大会(2015年3月26日〜29日)で発表予定>
朝にトマトを摂ると機能性成分"リコピン"が効率的に吸収されることを確認

カゴメ株式会社(社長:寺田直行、本社:愛知県名古屋市)は、朝・昼・夜のうち、朝にトマトを摂った場合に機能性成分“リコピン”が最も効率的に吸収されることを、ラットを使った試験で明らかにしました。

 

■本研究の目的

体内での栄養成分の消化吸収や代謝には1日のリズム(サーカディアンリズム)が存在し、栄養成分を摂る時間帯によってその吸収効率が異なることがわかってきています。当社ではトマトに含まれる抗酸化作用をもつ機能性成分“リコピン”に注目し、これまでに様々な健康機能を明らかにしてまいりました。本研究では、トマトを摂取する時間帯とリコピンの体内への吸収効率の関係について調査しました。

 

■方法と結果

ラットを、朝トマト群、昼トマト群、夜トマト群に分け、朝・昼・夜に1匹あたりに6gずつ、通常飼料もしくはトマト含有飼料(トマトの凍結乾燥粉末を10%含む飼料)を与えました(下図左)。この方法で4週間飼育し、最終日にラットの血中リコピン濃度の推移を調べ、そこからリコピン吸収量の指標として血中濃度曲線下面積(AUC)を算出しました。

その結果、朝トマト群は、昼トマト群及び夜トマト群と比べて、リコピンの吸収量が多いことがわかりました(下図右)。

 

 

 

≪リコピンについて≫
・トマトの赤い色素成分で強い「抗酸化作用」をもつ機能性成分です。
・生活習慣病や老化の原因となる活性酸素を除去し、さまざまな機能が報告されています。
 

<まとめ>

トマトに含まれる機能性成分“リコピン”は朝に摂ると効率的に体内へ吸収されることがわかりました。

本研究結果は日本農芸化学会2015年度大会(2015年3月26日〜29日)にて発表致します。

 

※詳細はこちらをご覧ください。


 

 

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.