自然を、おいしく、楽しく。KAGOME企業情報サイト

商品・キャンペーンサイト

サイト内検索
  • お客様相談センター
  • サイトマップ
  • ニュースリリース
  • 会社案内
    • 社長の挨拶
    • 企業方針
    • 会社概要・事業所
    • 関連会社
    • カゴメの歴史
    • 行動規範
  • ファン株主のみなさまへ
    • 株主イベント
    • 株主優待
    • 株式概要
    • 資料室
    • よくあるご質問
  • 社会・環境(CSR)
    • サステナビリティレポート
    • 食育支援活動
  • 安心・安全
    • 品質方針
    • カゴメのこだわり
    • 食品の気になる話題から
    • 機能性表示食品に関わる情報開示
  • 研究・開発
  • 採用情報
    • 採用情報詳細
    • カゴメの人(社員紹介)
    • お知らせ

企業情報トップ> ニュースリリース> 2016年 > 山梨県北杜市にベビーリーフ菜園を開設

ニュースリリース

発表年から探す
2016

ニュースリリース

カゴメ株式会社からのニュースリリースです。
掲載された情報は発表当時のものです。価格などは変更される場合があります。

このページを印刷

2016年3月15日 事業

山梨県北杜市にベビーリーフ菜園を開設


カゴメ株式会社(社長:寺田直行、本社:愛知県名古屋市)は、2016年11月を目途に、山梨県北杜市において、
首都圏への供給拠点として、ベビーリーフ菜園を開設致します。

野菜の幼葉であるベビーリーフは、健康価値が高いことで知られています。えぐみが少なく、やわらかな食感が特徴で、
サラダや様々な料理のトッピングとして、生のままおいしくお召しあがり頂けます。
現在カゴメは、2013年に資本出資をしたベビーリーフの大規模有機栽培を手掛ける株式会社果実堂(本社:熊本県)が
生産するベビーリーフの供給を受けて、単品及びパックサラダとして、量販店等で販売をしております。

ベビーリーフやトマトなどを用いたパックサラダは、単身世帯・二人世帯の増加といった世帯構成の変化に加えて、
その健康的な価値、またサッと水洗いするだけで使える、包丁を使わなくて良いといった簡便性が評価され、
市場は拡大しています。
国内のベビーリーフ市場規模は約100億円。国内におけるベビーリーフの年間1人あたり消費量は約18gです。
今後の需要拡大を想定し、欧州並みの消費量(50g/人/年)にむけて拡大を続けると、
2020年頃には、300億円程度の市場規模になると予測しています。(※カゴメ調べ・予測)
今回、同地において、新たにベビーリーフの生産・供給拠点を構える事で、今後の市場拡大に対応する体制を整えます。

カゴメは16年度から18年度にかけての新しい中期経営計画において、既存の生鮮トマトに加えて、パックサラダ、
ベビーリーフの2つのカテゴリーを成長につなげ、「トマトの会社」だけではなく、「野菜の会社」としても存在感を発揮して
いきたいと考えております。これからも、日本の農業の発展が、当社の事業機会拡大に繋がるものと考え、日本農業の
成長産業化に貢献してまいります。




※ ベビーリーフを用いたカゴメ商品とメニューイメージ

画像を拡大する
画像を拡大する
 

詳細はこちらをご覧ください。

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.